​マシンリハビリ

​ニューアシスト装置(免荷装置)などの専門的なマシンを導入し、下肢の装具などを併用しながら歩行練習を行います。比較的重症度の高い方でも積極的な運動療法を実践可能にできます。これまでの歩行や立位におけるリハビリでは本人様の自主的な力よりも、介助側の他動的な力による運動であったり、手すりや介助者に偏った姿勢でのリハビリが多く行われておりました。ニューアシスト装置では、天井から吊り上げ体重を免荷する事で、正しい姿勢で他動的ではなく自主的な運動をする事が可能になります。
また筋力トレーニングマシンにおいても、専門的なリハビリマシン(HUR)を用いて行います。独自の方法で開発された空気抵抗を利用した空圧式筋力トレーニングマシンです。運動の速度に関係なく常に一定の抵抗を与えることのできるマシンで、繰り返し正しい運動を反復して行います。