検索
  • 達成人

後縦靭帯骨化症発症後5年経過

最終更新: 5月3日







S様 (52歳・男性)   介護保険:なし

目標:長距離を歩けるようになりたい。

発症日:約6年前

初回通所日:2019年10月

症状:両足の麻痺によって感覚が分からず、両手杖で200mを30分かけて歩かれる。ほとんど手によって支えるため、長距離や実用的な歩行は困難。

利用状況:週2回 

リハビリメニュー:鍼灸+リハビリ

改善データ:200m歩行時間15分へ短縮

現在:趣味である車椅子テニスなど、色々な事に明るくチャレンジしています!


①ご利用までの経緯

 ・両足の麻痺によって、上手くバランスがとれず、両手杖で200mを30分かけて歩かれる。

 ・保険内のリハビリでは制限が入り、充分なリハビリが受けられなくなった。

 ・両足の感覚が乏しいため、歩く時のバランスのとり方がうまく分からない。そのため必要以上に手 

  に体重をかけ歩かれる。


②リハビリ内容

 ・両足の感覚の再学習。それをもとに歩行時のバランスのとり方を再学習していく。

 ・両足の感覚を向上させるために、鍼灸治療を行い感覚促通させていく。


③リハビリの結果

 ・200m歩行が30分から15分に短縮

 ・歩行時のバランスが改善



166回の閲覧0件のコメント